てきとー男の資産運用

てきとー投資からの脱却 ~オニールとピーター・リンチの狭間で~

エナフンさんの名言(1)

すっかりエナフンさんフリーク(信者(笑))の私がエナフンさんの梨の木を読んで感銘を受けた名言を紹介します。

第1回目の今回は

四季報で騰がる株を見つけていると父親に伝えて驚かれた際の一言です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
「考えても見てほしい。 もし、給料の他に、プラスで100万円でも儲けようと思ったら、いったいどれほどの努力が必要か?

(中略)

そこから得られるリターンを考えれば、例え1週間かかっても、この本(四季報)を読み切る程度の努力なんて大したことではない。」

旧)エナフンさんの梨の木 収益予想は当たらない
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

心のどこかで努力しなくても何とかなるだろうと思っていた私には耳の痛い言葉でした。

エナフンさんにとって四季報を読み切るなど大した努力に入らないのです。
一体どれほどの努力をしているのでしょう。

この一言は私を奮い立たせ、努力の必要性を気づかせてくれました。


にほんブログ村 株ブログへ

※ 投資判断は自己責任でお願いします。