てきとー男の資産運用

てきとー投資からの脱却 ~オニールとピーター・リンチの狭間で~

ルネサス(6723)購入理由

浅はかではありますが、私がルネサス(6723)を購入した理由を紹介します。

[事業内容]

各種半導体の開発、製造を行っており車載用のマイコンでトップシェアを誇っている。
トヨタ複数サプライヤーから部品を受給しているにも関わらず、全てのマイコンルネサスから受給していたため、震災時は那珂工場の被災により生産ラインが長期間ストップするほどである。

[業績]

はっきり言って業績はあまり良くない。売上は年々下がっている。
しかし利益は上がりつつあり、将来的に期待が持てそう。(希望的観測)

[株価]

短期的にみると株価は上がり下がりしているが、アベノミクスの恩恵を漏れず受けており、長期的には上昇している。
私が購入した際は株価が大幅に下がった反動で値が戻り始めたタイミングでした。

[購入日]

2014/11/04

[決め手]

車載用のマイコンでトップシェアを誇っているにも関わらず利益が少ないのは特注と売値に起因している。要はトヨタの要求が厳しいのだ。
特注による原価の高騰、トヨタに繋がるサプライヤーの値下げ要求により利益が圧迫されているのです。

そんな悪い状況を打開してくれるのが作田久雄元CEOだ。 作田氏は粗利率重視の事業構成への転換を推進している。

利益率の向上を手始めに業績はV字回復すると思われる。

[現状]

工場再編や人員削減のリストラを実施し、2015年3月期は740億円の純利益を見込んでおり、経営再建に道筋をつけているが株価はパッとせず、くすぶっている。 2015年6月の株主総会後に作田氏の退任も決まっており、ルネサスの今後に目が離せない。

にほんブログ村 株ブログへ

※ 投資判断は自己責任でお願いします。

広告を非表示にする