てきとー男の資産運用

てきとー投資からの脱却 ~オニールとピーター・リンチの狭間で~

紹介

保有銘柄は新興市場銘柄か?小型株か?

前回、前々回の検証で個人投資家パフォーマンスランキングに参加している個人投資家のポートフォリオに多くの新興市場銘柄、小型株が含まれていることが発覚しました。 では自分のPFはどうか確認してみます。 現状の個別銘柄のPFは以下となります。 銘柄名 …

イベントだらけで忙しいこんな世の中じゃ

先々週の金曜日に四季報が発売になった影響で、先週は値動きが変わった銘柄が多数あったと思われます。 このように株価に影響を与えるイベントは多数あります。 私がすぐに思いつくのは以下の4つです。 アメリカ・雇用統計発売 日銀の金融政策決定会合 会社…

億万長者になるために必要な2つのテクニック

億り人(億万長者)のブログやtwitterなどの発言を見ていると多くのかたが共通のテクニックによりその偉業を達成しているように思える。 自信がある銘柄へ大きく張る 最後まで強く握り続ける この2つのテクニック?が重要だと言っている。 自信がある銘柄へ大…

保有銘柄を戦略ごとに分けてみた

現状の個別保有銘柄を戦略ごとに分けてみました。 モメンタム・グロース投資 ニチレイ ラクス 収益バリュー投資 メディアドゥ アルビス モメンタム・グロース投資 ニチレイ 言わずと知れた冷凍食品会社です。 大型株でありながらグロース株だと認識していま…

モメンタム投資の売り時はオニールが教えてくる

「オニールの成長株発掘法」はモメンタム・グロース投資家であるオニールが提唱したCAN-SLIM手法を紹介しています。 CAN-SLIMは購入する銘柄の選択指針なのですが、この本では他に売却に関する指針も紹介しています。 銘柄選択や投資時期を誤ったらいつ売る…

CAN-SLIMをモメンタム要素とグロース要素に分類してみた

モメンタム・グロース投資家として有名なオニールが提唱した投資法にCAN-SLIM手法があります。 C:当期四半期の1株当たり利益 A:年間の収益増加 N:新製品・新経営陣・新高値 S:株式の需要と供給 L:主導銘柄か、停滞銘柄か I:機関投資家による保有 M:株…

太字を書き写すだけで偉大な投資家の仲間入り?

現在は収益バリュー投資にお熱ですが、以前はモメンタムを重視したグロース投資を意識していました。 その原因になったのが「オニールの成長株発掘法」です。 オニールの成長株発掘法 ? 良い時も悪い時も儲かる銘柄選択をするために作者: ウィリアムオニール…

"敗者"を売り、"勝者"を保有するのが正解とは限らない?

初めて「ピーター・リンチの株で勝つ」を読んだときはバリュー投資に対する偏見や流し読みにより身になっていませんでしたが、改めて読み直すと一言一言が身に染みます。 ある人々は、自動的に"勝者ーー株価が上がっているものーー"を売り、"敗者ーー株価が…

ラクスの購入理由(3)

ラクスを購入した理由その3です。今回で最後となります。 購入理由要約(3) 購入理由の今回説明分を以下に示します。 一株利益(EPS)成長を最重要視 今期も成長する可能性が高い 一株利益(EPS)成長を最重要視 持続的にEPSが成長しており、今後も成長が…

ラクスの購入理由(2)

ラクスを購入した理由その2です。 前回の記事の続きです。 購入理由要約(2) 購入理由の今回説明分を以下に示します。 中小型株 利益水準(ROE)が高い ストック型ビジネス 中小型株 ラクスは時価総額が約560億円の中小型株になります。 中小型株ですと今…

ラクスの購入理由(1)

ラクスを購入したので購入理由を綴ります。 収益バリュー投資と新高値ブレイク投資術のハイブリッド投資のつもりで選定していますが、グロース要因が強いのが実情です。 収益バリュー投資家としての道のりは長く険しい… 購入理由要約 購入理由を要約すると以…